石原伸晃氏が武神顧問に就任

2014-10-0110:07:35mdelax

桜塾代表と自民党衆議院議員 石原伸晃氏

自民党衆議院議員 石原伸晃氏が武神顧問に就任

元 環境大臣であり自民党衆議院議員の石原伸晃(のぶてる)氏が、武神顧問に就任していただいた。石原伸晃氏は言わずと知れた格闘家の一面を併せ持ち、少林寺拳法三段、現 慶応義塾大学体育会少林寺拳法部総監督も務められています。これを機に空手界にも尽力頂き、今後の武神の活動及び桜塾にお力添えを頂けることをお約束していただきました。

【石原 伸晃  プロフィール】
慶應義塾大学卒業後、日本テレビ入社、政治部記者として大蔵省・外務省・首相官邸等を担当。日本テレビ退社後、平成2年旧・東京四区(杉並区・中野区・渋谷区)より初当選。平成8年通商産業政務次官(第2次橋本内閣)。平成10年の金融国会では、金融安定化に関する特別委員会理事として金融危機の沈静化を果たし、政策新人類と呼ばれる。平成13年4月、小泉内閣の行政改革・規制改革担当大臣として初入閣。平成15年9月より国土交通大臣、初代・観光立国担当大臣。平成17年に法務委員長、平成18年に党改革実行本部長、平成19年には党政務調査会長を拝命。平成20年、史上最年少で自民党総裁選に立候補。平成22年 東京選出議員として初の自民党幹事長に就任。平成24年、自民党総裁選に再度挑戦し、議員票ではトップを獲得する。第二次安倍内閣の環境大臣・原子力防災担当特命大臣を拝命。第47回総選挙にて、東京8区(杉並区)より9期連続当選。現在、党中小企業・小規模事業者政策調査会会長、党東京都連会長、党税制調査会副会長、近未来政治研究会会長。

(C) 全日本新武道連盟 桜塾